トップページ >> 清掃・衛生・設備管理業務 >> 安全と信頼の病院清掃

清掃・衛生・設備管理業務

医療関連サービスマーク(院内清掃)認証を継続、感染予防を重視した安心と信頼の病院清掃に取り組んでいます。

医療機関および医療機関利用者の方々が安心して利用して頂けるようゾーニングに対応した最も衛生的な「オフロケーション手法」を取り入れ、医療サービスの質の向上に努めています。最新機器による科学的検証をサービスに反映させる自社インスペクションを実施しています。
オフロケーション手法を取り入れています
モップ等をその場で洗いながら使用するのでなく、スペアのモップ等を用意して、汚れたらきれいなものと取り替えながら行う清掃手法です。
ゾーニングとカラーリングを行います
清浄度(清掃に関する)によっての区域分けが「ゾーニング」であり、その区域ごとに清掃用具を色分けすることを.「カラーリング」と言います。院内清掃等では感染防止対策として大変重要です。
最新機器による科学的検証(一例)
ATP拭き取り検査
目的:清掃箇所の汚染物質(=ATP量)を高感度に測定し、その場で衛生状態の改善を図ることができます。
使用方法:測定用の綿棒で検査箇所を拭取りテスターに入れると約30秒で汚れが数値で確認できます。

特に清潔度が求められる箇所に使用することで院内感染防止に貢献します。